simple wish !

モノが増えて暮らしにくくなってしまった家をリセットします!

最近読書にはまっています

  1. 2010/07/07(水) 12:15:00|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
最近ちょっと読書にはまっています。
先週末から、2冊ほど小説を読破し、現在3冊目に突入。

↓今読んでいる本はこちら。

嵐が丘(上) (岩波文庫)嵐が丘(上) (岩波文庫)
(2004/02/19)
エミリー・ブロンテ

商品詳細を見る


1846年ということは150年以上も前に書かれた作品なのですね!!!

この本を読もうと思ったのは、ネットでケイト・ブッシュの「嵐が丘」のプロモーションビデオを見たから。
この曲、知っている方は今更かもしれませんが、「さんまの恋のから騒ぎ」のオープニングで使われている曲です。

天使と小悪魔天使と小悪魔
(1995/05/31)
ケイト・ブッシュ

商品詳細を見る

↑こちらのアルバムに収録。リンク先で視聴もできます。

で、動画でこの曲のプロモを見たわけですが、衝撃的でした。
曲や歌声も個性的ですが、振り付けもすごいです。
見る人によっては怖いと感じるかも。(笑)

で、歌詞もすごく個性的。
動画に訳された歌詞が載っていたのですが、内容は、亡霊になったキャシーという女性が、かつての恋人ヒースクリフの元に現れて「窓を開けて」と訴え続けるといった内容。
しかも、キャシー目線。

で、「嵐が丘」の小説も映画も見たことがなかった私は頭の中が「???」状態。
気になって、あらすじを調べたのですが余計に「???」状態。
なにしろ裏切ったのはもともとキャシーで、なのに亡霊?

これはもう映画か小説を見るしかない!と思って、さっそく図書館で予約して借りてきました。

そして、今は上巻の途中まで読み進めたところです。
読み進めてみて、キャシーもヒースクリフもその兄ヒンドリーもかなり問題のある人々だと言うことが分かりました。
かなり、エキセントリックで面倒くさい!

だからこそ面白いのだと思いますけどね。

それにしても、訳がじょうずなのか、かなり昔の作品であるにもかかわらず、すっと頭の中に入ってきます。
読む前は、ちゃんと読みきれるか不安でしたが、その心配はなさそうです。
150年以上読み継がれてきた作品だけありますね。

平日はなかなかまとまった時間が取れないのですが、マメ(うさぎ)を遊ばせながらゆっくり読んでいます。
ちなみにマメ、こちらが撫でると逃げちゃうくせに、本を読んで無視していると、私の足に前足を乗せて「何してんの~?」みたいな感じで、覗いてきたりして・・・とんだツンデレヤロウです。

house 最後までお読みいただきありがとうございます♪ 
クリック クリックいただけると嬉しいです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ ※別窓で開きます
シンプルライフランキング

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌


<<エダマメ初収穫♪ | BLOG TOP | 納戸整理の準備>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 


trackback