simple wish !

モノが増えて暮らしにくくなってしまった家をリセットします!

納戸をリセット その2:崩れにくい収納

  1. 2010/08/10(火) 12:00:00|
  2. 片づけ・掃除・断捨離
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
カラーボックス用の収納グッズ、素材、色、サイズ・・・いろいろな種類があります。

  

本などある程度形の保てるものは、そのまま入れてもいいと思うのですが、たいていのものはボックスやケースを利用したほうが収納しやすいですね。

で、今回我が家の納戸で採用した収納ケースはこちら↓。

100810_01.jpg


1個400円ぐらいだったかな?
カラーボックスと一緒にカインズホームで購入しました。

ポイントは、 

 ・浅め
 ・ぬれてもOK(プラスチック)
 ・型崩れしない


納戸なので見た目は二の次です。
ただし、色はシンプルに。

浅いのは一番のポイントかな?
収納というと、ついつい1段を目いっぱい使いたくなってしまうのですが、今回は敢えて半分の深さ。
なぜ半分にしたかといいますと・・・

以前は↓こういうボックスを選んでいました。

100810_04.jpg


まあ、こちらは多少上に余裕がありますが、今まで使っていたものはほとんどがいっぱいいっぱいの高さで、手を入れる余裕はありませんでした。

で、こういうボックスは私には使いこなせなかったからです。

何がいけないか?、

 1、物を出し入れする際にボックスをいちいち引き出さないといけない
 2、量がたくさん入る分、入れすぎて何がなんだか分からなくなる
 3、量がたくさん入る分、重たくなって出し入れしにくい


思い当たるだけでこんな感じ。
見た目はこちらのがいいんですけどね。

半分の高さにしたことにより、出し入れのアクションが1つ減る。
それだけで、かなり使いやすいと思います。
ただ、中身にもよるかな?
布だけを入れた段は、ちょっと見た目が悪すぎるし、不安定なので高さのあるボックスのがよかったかな?なんて思っています。

素材は断然プラスチック。
軽いし、手入れがしやすい。
以前、キャンパス地のものを使っていたことがあるのですが、埃がすごくたまってしまって。
あと、中身によっては型崩れも。
プラスチックならこの辺はある程度防げますもんね。
最近は一見おしゃれなカゴでもビニール素材とかあるのでそういうのでもいいかも。


↑こちらは、一見おしゃれカゴに見えますが、ポリエチレン製。
濡れても大丈夫!

ワイヤーカゴとかもおしゃれでいいですが、細かいものは落ちちゃうので。
布だったらいいかも。

まあ、今回選んだのは若干間に合わせ的なものもあるので、正直おしゃれではありませんが、納戸ですしね。
リビングに使うのであれば、もうちょっと考えますけど。

そして↓こちらは最近気に入っている100均のカゴ。

100810_06.jpg


キャンドゥーで購入です。
2つ並べるとカラーボックスにピッタリ。

100810_09.jpg
ちょっとマットな質感も気に入っています。
大きなボックスにざっくり入れるのもいいですが、やはり細々したものは小分けしたほうがよさそうです。

今回の「手を入れる余裕のある収納」、カラーボックスに限らず収納が苦手な方にはおすすめかも。
物を出し入れするのに、いちいち引き出さなくてはいけないと言うのは結構面倒なんですよね。
それでつい出しっぱなし、入れっぱなしになっちゃう。
今回の高さが半分のものなら、最悪ポイポイ放り込んじゃえるので、その辺に出しっぱなしの可能性はだいぶ低くなりますしね。

長年収納の試行錯誤を続けてきましたが、今回はまあ成功かな?

今回はこの辺で。
納戸のリセット話・・・もう少し続く?かも


house 最後までお読みいただきありがとうございます♪
クリック クリックいただけると嬉しいです♪※別窓で開きます
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
シンプルライフランキング


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:片付け・収納・お掃除 - ジャンル:ライフ


<<納戸をリセット その3:収納の手前 | BLOG TOP | 納戸をリセット その1:棚編>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 


trackback